• Profile

    怪人ラッコ男

    Author:怪人ラッコ男
    ラッコラッコ!! o(’(ェ)’〃)o

    FFXIV Ageisサーバー
    キャラクター名 Rakko Rakko

  • QRコード

    QR





--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/17(Fri)

砂漠のラッコ

No.06 出発の夜明け

 ラッコラッコ!! o(’(ェ)’〃)o

 翌朝、ラッコは夜明けと共にウルダハ周辺の調査を目的とした作戦行動を開始したラッコ(o’(ェ)’)○

 エオルゼアの世界でも朝一番というのはなかなかスガスガしいモノラッコ(〃’(ェ)’)b
どこからともなくラジオ体操第一が聞こえてきそうラッコo(’(ェ)’o)-8

 決してサボテンダーのマネをしてるわけではないラッコよ(;’(ェ)’)o


ザナラーン地図

 とは言ったものの、いきなり初めての土地で何の情報もなく調査というのはイササカ無謀な行為ラッコ
o(’(ェ)’o)-8

 でも心配は無用ラッコo(’(ェ)’〃)o
こんなこともあろうかと、前回のウルダハ調査の際に、街のコットウ屋砂漠の地図を購入しておいたラッコ(〃’(ェ)’)b

 (実際のFFXIVのゲーム内で地図を購入する必要はありません)


 って、あの店主どんだけデカイ地図渡すラッコΣ(’(ェ)’;)o

 この地図によると、ウルダハのあるこの周辺一帯は ”中央ザナラーン” って呼ばれてるみたいラッコねo(’(ェ)’o)-8
ザナラーン地方は他にも東西南北のザナラーンに別れていて、大きく5つのエリアで構成されていることが分かるラッコo(’(ェ)’〃)o

 とりあえず、この中央ザナラーンから調べることにして、まずは北の方に書いてある ”キャンプ・ブラックフラッシュ” とやらを目指すことにするラッコ((*’(ェ)’)o


No.07 砂漠の植物

 砂漠とは言っても、ウルダハ周辺には写真のような草木があちこちに茂っていて、そこまで完全な砂漠地帯というわけではなさそうラッコ((*’(ェ)’)o

 でも、周囲に農村や畑の様な物は見当たらないラッコねo(’(ェ)’o)-8
ウルダハの街中にも耕作できそうな場所はなかったし、一体この土地のニンゲンは何を食べて生きているラッコ?(;’(ェ)’)o

 あれだけのデカイ街があるのに、食糧は全て狩猟や採集で賄っているなんて考えられないラッコ
(’(ェ)’メ)o
ハッ!もしかしたらそのせいでザナラーン地方はこんな砂漠になってしまったラッコ?Σ(’(ェ)’;)o


No.08 マーモット

 と、そんなことを考えていると茂みから小動物が飛び出したラッコ(o’(ェ)’)○
大きな耳と尻尾が特徴の愛らしいヤツラッコ((*’(ェ)’)o

 ウルダハの街中にも大きな耳と尻尾が生えた人型のイキモノがたくさんいた気がするラッコけど、とりあえず、そっちは見なかったことにするラッコo(’(ェ)’o)-8


No.09 砂漠に咲く青い花

 周辺の草木の中にはこんな可憐な青い花をつけるヤツもあるラッコ(o’(ェ)’)○
確かウルダハで聞いた話では、この地方では花はとても貴重で宝石並の値打ちがあるって言ってたラッコよね((*’(ェ)’)o

 もしかしたら、この花も一輪でウン万ギルの値がつくかもしれないラッコ(;’(ェ)’)o
でも地球に優しいエコ怪人であるラッコはこの花たちをそっとしておいてあげるラッコo(’(ェ)’〃)o

 愛は地球を救うラッコ(〃’(ェ)’)b


No.10 キャンプ・ブラックフラッシュ

 そうこうしているうちに、あっさり目的地の ”キャンプ・ブラックフラッシュ” に辿り着くことができたラッコ((*’(ェ)’)o
それにしても、このエーテライトっていう馬鹿デカイ石は一体何でできているラッコ?o(’(ェ)’o)-8

 「一旦人間やその装具をエーテル粒子にまで分解し地脈を通じて、目的地で再構成する」

 って、どんだけ怪しい機械ラッコ(’(ェ)’メ)o
何の躊躇もなくこれ使ってるニンゲンがいるラッコけど、本当に大丈夫ラッコ?(;’(ェ)’)o

 でも、このオーバーテクノロジーを調査、解明することができれば、悪の組織ジョッカーの世界征服にも大きく貢献できるかもしれないラッコね(〃’(ェ)’)b

 早速この怪しげなデカイ石を分解して調べようと思ったラッコけど、近くにいた警備員が抜刀して走ってきたので仕方なく撤退することにするラッコo(’(ェ)’o)-8

 これは敵前逃亡じゃないラッコ、戦略的撤退ラッコ(;’(ェ)’)o


No.11 砂漠の原住民

 ウルダハ周辺を旅しながら一人調査を続けるラッコ男。砂漠の調査も順調に思われたその時!ラッコ男の前に突如、砂漠の原住民コブランが現れた! 背中に大きな水晶を背負ったこの種族は一体何者なのだろうか? 敵か!味方か?サザエか!はたまた、スペースゴジラの親戚か? 風雲急を告げる新展開! 次回も ”ラッコのFFXIV世界征服日記” に、乞うご期待!



スポンサーサイト
Home | Category : 旧FFXIV 世界征服日記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。