• Profile

    怪人ラッコ男

    Author:怪人ラッコ男
    ラッコラッコ!! o(’(ェ)’〃)o

    FFXIV Ageisサーバー
    キャラクター名 Rakko Rakko

  • QRコード

    QR





--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/02/10(Fri)

ワールドリセットの危機 -立ち上がるFigaroの民-



 ラッコアイ

 遠方にあるラッコたちの故郷カリフォルニア湾で最も発行部数の多い海洋情報誌。
 専属の海洋記者が収集する最速の海の幸情報と、専属の海洋学者が分析する旬の海鮮食材は、浪間に揺れるオトボケ顔のラッコたちにも大好評。
 特に漁獲高を左右する天気予報には敏感なことで知られる。



 ”ワールドリセットの危機” -立ち上がるFigaroの民-

No.562 9日 ウルダハにて行われた会合

 悪夢の始まり

 世界各地が大寒波に見舞われ、比較的代謝が高いことで知られるラッコでさえも冬眠してしまいそうな 2012年2月9日、この日、The Lodestone 上に掲載されたひとつのトピックスが、今回の騒動の引き金となった。


 【外部LINK】 ワールド統合およびキャラクター移転について (2012/02/09)

 18ワールド 存在する既存のワールドを 10ワールド に圧縮し、人口の過密化を図ろうという計画。
 事実上のワールドリセットである。

 この統合計画が、その名の通り ”複数のワールド同士を統合するだけのもの” であったのなら、この問題がここまで大きくなることは無かったと予想される。

 だか、実際そうはならなかった。
 なぜなら、この統合計画には冒険者たちを驚愕させる恐るべき内容が記載されていたからである。


 【引用】 ワールド統合およびキャラクター移転について (2012/02/09)

 移転先の選択について

 下記移転先選択期間内に、「ワールド移転申請ページ」上で移転先となるワールドを任意に選択することができます。なお、期間中に移転先を選択しなかった場合は、新規10ワールド全体が均一となるよう自動的に移転先が決定されます。




 移転希望先のワールドを申請できる 3月1日(木) 17:00 から 3月19日(月) 16:59 までの、この期間に課金済みの有効なアカウントを所持していない場合、自動的に人口の少ないワールドへ振り分けられる。

 これはつまり、現在仕事等の事情で一時的にログインができない状態にある友人がいる場合、この先永遠に会うことができなくなる可能性があることを意味するものである。

 いざ新生で休止中の友人たちがエオルゼアに戻ってきたとしても、彼らを温かく迎えてくれるはずのコミュニティは同一ワールド上に存在していないのだ。


 この記事が The Lodestone 上に掲載されてから数時間で公式フォーラムは大荒れとなっている。

 移転先のワールドに関しては各冒険者個人が選択できる形式となってはいるが、今まで親しくしてきた友人たちと同じワールドを選択できる可能性については、その所属しているコミュニティが大きければ大きいほど困難な問題として我々の前に立ち塞がるだろう。


 立ち上がるFigaroの民

 この案件に危機感を抱き、親しき仲間たちとの絆を守るべく、今ここに数名の冒険者が立ち上がった。
 我らFigaro鯖擁する各Linkshellのマスターたちである。

 その日、数名のLSマスターの呼びかけにより、トピックス掲載直後の当日の夜であるにもかかわらず、ウルダハ政庁層 ロイヤル・ブロムナードの前には 30名 近くのLS代表者が集うこととなった。

 この問題がいかに異常事態であるかということを改めて痛感させられる光景である。

 当日会場へ足を運んだLSのマスターには連絡用のリンクパールが配布され、今後Figaroの民が離れ離れになること無く、皆揃って新規のワールドへ移動することができるよう話し合い進められる。

 全てのLSが同一のワールドを移転先として予め決定しておけば、移転先のワールドでコミュニティがバラバラになってしまう事態は回避できる。

 しかし、この件については、そう簡単にカタがつく問題ではない。
 移転先の新規10ワールドには、それぞれ収容人数に上限が設定されているというのだ。


 【引用】 ワールド統合およびキャラクター移転について (2012/02/09)

 移転先選択期間:2012年3月1日(木) 17:00 から 2012年3月19日(月) 16:59 まで (JST)
 ※移転先選択期間は前半と後半に分かれます。

 前半:2012年3月1日(木) 17:00 から 2012年3月12日(月) 16:59 まで (JST)
 ・移転先ワールドを選択後も、ワールドの変更を行うことが可能です。
 ※申請数が上限に達しているワールドを選ぶことはできませんが、上限に達しているワールドから違うワールドに変更することは可能です。

 後半:2012年3月12日(月) 17:00 から 2012年3月19日(月) 16:59 まで (JST)
 ・申請数が上限に達したワールドから、申請が確定されロックされていきます。
 ・ロックされたワールドは、移転先の変更ができなくなります。




 つまり、移転先として提示されている新規10ワールドの中から、Figaroの民全員を収容することが可能で、かつ、収容人数の上限をオーバーしないワールドを探さなければならないのだ。

 他鯖の同行が全く分からない以上、Selbina や Gysahl 等の人口過密鯖と移転先が競合してしまえば、それだけで上限を上回ることは想像に難くない。

 設定されている収容人数に関する情報が何も無い現在の状況で、以上の条件をクリアするのは、ウォルナットマスクをしたままエレクトラムニードルの穴に亜麻糸を通すようなものである。

 しかし、我らFigaroの民がこれまでに積み上げてきた絆の力があれば、どんな問題でも解説できるのではないかと筆者は信じて疑わない。

 第七霊災の危機迫る終末のエオルゼアを絆の力で生き抜いてきた彼ら冒険者たちであれば、きっとこの難問にさえ打ち勝つことができるのではないか、確証は無いが、直感がそう告げるのだ。


 とはいえ、休止中のキャラクターの移転先については、現在休止中の冒険者たち自身が帰ってこないことには、どうすることもできないのが現状である。

 ワールドリセットによる絆ブレイクの脅威に敢然と立ち向かうFigaroの民のためにも、一人でも多くの休眠者がワールド統合前に帰還してくれることを切に願うばかりだ。


 戦闘員:Seaotter



スポンサーサイト
Home | Category : 旧FFXIV 世界征服日記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    こんばんは
    情報有難う。 鯖統合しないといけないとは。。。
    人少ないのだろうな~・・・
    どこにどうなるか決定したら教えてね!

  • ラッコラッコ(〃’(ェ)’)b

    >Junior Thunderbolt戦闘員
    先日フォーラムに現れた吉田Pのポストによると、現行の鯖統合プランは、もしかしたら変更になるかもしれないラッコ(o’(ェ)’)○

    どちらにせよ、現行案のまま統合が実施された場合に備えて、保険をかけておくに越したことはないと思うラッコo(’(ェ)’o)-8

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。