• Profile

    怪人ラッコ男

    Author:怪人ラッコ男
    ラッコラッコ!! o(’(ェ)’〃)o

    FFXIV Ageisサーバー
    キャラクター名 Rakko Rakko

  • QRコード

    QR





--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/30(Thu)

2匹のラッコ

 中央ザナラーンを調査中のラッコ男の下に、突然ジョッカー本部からの連絡が入る。 その内容とは ”西ザナラーン、キャンプ・ホライゾンにラッコを名乗る者が現れた” という衝撃的なものだった。 知らせを受けたラッコ男は、一旦調査を中断し、急遽、キャンプ・ホライゾンへ向かうのだった。


No.63 Boy meets Girl

 ラッコラッコΣ(’(ェ)’;)o

 キャンプ・ホライゾンへ到着したラッコを待ちうけていたのは、情報にあった通り、その名にラッコの証を持つ、Lacco Lacco 戦闘員だったラッコ(o’(ェ)’)○

 彼女は一体何モノラッコ?(;’(ェ)’)o

 もしかしたら、ラッコと同じく他の世界からエオルゼアを征服すべく派遣された、ラッコの眷族の一人かもしれないラッコo(’(ェ)’〃)o

 もう少しよく探せば、まだ他にもエオルゼアにはラッコの眷属がたくさん来ているに違いないラッコo(’(ェ)’〃)o


No.64 ビヘスト参戦

 と、ラッコがそんなことを考えていたその時、キャンプ・ホライゾン周辺の防衛への協力を求める呼びかけが、ラッコたちの耳に聞こえてきたラッコ(o’(ェ)’)○

 何でも、キャンプ周辺に野生の魔物が数多く出現しているという報告があり、その掃討作戦のための勇士を募っているとのことらしいラッコo(’(ェ)’o)-8

 そういうことなら丁度いいラッコ(〃’(ェ)’)b
 異世界から来たもう一人のラッコに、こっちのラッコの実力を見せ付けるいい機会ラッコo(’(ェ)’〃)o


No.65 支援魔法

 これは、Lacco 戦闘員の操る強力な支援魔法ラッコ(o’(ェ)’)○
 さすがラッコの眷属ラッコ、これでもう誰にも負ける気がしないラッコo(’(ェ)’〃)o


No.66 奥義ラッコカウンター

 我らがジョッカーの戦闘員の皆さんとも合流し、さっそく、みんなで敵を倒しに出発ラッコ(’(ェ)’メ)o
さすがに正規軍が勇士を必要とするだけあって、出現する敵は強力なヤツばかりラッコo(’(ェ)’o)-8

 こちらにはエオルゼア最強のラッコチームがいるとはいえ、苦戦は必至ラッコ(;’(ェ)’)o

 ここはついに、ラッコの奥義を見せる時が来たようラッコね(’(ェ)’メ)o
 中央ザナラーンの戦いで、ラッコだって大幅に強くなっていることを教えてあげるラッコo(’(ェ)’〃)o




 呪術ランク10で取得したアビリティ ”トーメント (旧名:荊棘)” を使うラッコ((*’(ェ)’)o
 敵から受けたダメージを、そのまま相手にも与えるという、いかにも悪の組織のイメージにピッタリでステキなワザラッコ(〃’(ェ)’)b




 そして、これがラッコカウンターの威力ラッコo(’(ェ)’〃)o
 盾を構えて回復に専念するだけで、凶悪な敵モンスターが次々と倒れていくラッコ(〃’(ェ)’)b



No.67 ファイアエレメンタル

 今までで初めて見るような敵もいたラッコ((*’(ェ)’)o
 エオルゼアはまだまだ未知なる冒険の宝庫のようラッコねo(’(ェ)’〃)o


No.68 ボムも登場

 この前、中央ザナラーンの洞窟で出会ったフロボロスよりも、大分ボムっぽい正真正銘のボムとも戦ったラッコ(o’(ェ)’)○


No.69 自爆

 そして、ボムといえばお約束の自爆ワザラッコΣ(’(ェ)’;)o




 このボムの自爆をはじめ、範囲攻撃を使う敵ばかりでかなり苦戦を強いられラッコけど、Lacco 戦闘員とジョッカーの皆さんの支援魔法のおかげで、何とか持ちこたえることができたラッコ(〃’(ェ)’)b

 さすがラッコの眷属。 我らがジョッカーのエオルゼア征服の日も近いラッコo(’(ェ)’〃)o


No.70 強敵!ビリーブラザーズ

 全敵モンスターの掃討に成功し、安堵の息をついているラッコたちの前に、突如アルドゴートの兄弟 ”ビリーブラザーズ” が現れたラッコΣ(’(ェ)’;)o

 この2匹が、今回のボスモンスターってワケラッコね(’(ェ)’メ)o
 敵がヤギ2匹ならこっちもラッコ2匹、相手にとって不足はないラッコ(〃’(ェ)’)b


No.71 尊い犠牲

 ラッコチームの恐ろしさをその眼に焼き付けるがいいラッコ(’(ェ)’メ)o

 ……って、やられてしまったラッコΣ(’(ェ)’;)o

 さすが最後の〆のボスを名乗るだけのことはあるラッコ(;’(ェ)’)o
 今回は負けてしまったラッコけど、この次は絶対ラッコが勝つラッコo(’(ェ)’〃)o


No.72 任務の報酬



 ラッコは負けてしまったラッコけど、戦闘員の皆さんビリーブラザーズを仕留めてくれたおかげで、無事任務は完了となったラッコ(〃’(ェ)’)b

 普段は、ラッコ単独での作戦行動が多いラッコけど、こうして Lacco 戦闘員ジョッカーの戦闘員の皆さんたちとみんなで力を合わせて強敵に立ち向かう展開も、悪の組織としては有りなんじゃないかとも思うラッコ((*’(ェ)’)o

 いつも悪の組織ジョッカーの世界征服を支援していただいている読者の皆さんも、機会があれば、是非一度はPTプレイで大ハッスルしてみていただきたいラッコ(〃’(ェ)’)b


 ・・・・・・・ 
 ・・・・・
 ・・


 異世界から来た謎のもう一人のラッコの眷属。 その目的も行動も一切が謎の彼女と共に敵と立ち向かうことになったラッコ男。 中央ザナラーンで鍛え上げた奥義を武器に、敵を次々となぎ倒すラッコチームだったが、突如出現したビリーブラザーズによってラッコ男は倒されてしまう。 この苦い敗戦の記憶を脳裏に焼付け、ジョッカーの世界征服が成就するその日まで、戦い続けることを誓うラッコ男であった。



スポンサーサイト
Home | Category : 旧FFXIV 世界征服日記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。