• Profile

    怪人ラッコ男

    Author:怪人ラッコ男
    ラッコラッコ!! o(’(ェ)’〃)o

    FFXIV Ageisサーバー
    キャラクター名 Rakko Rakko

  • QRコード

    QR





--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/04/23(Sat)

「駆け出し商人と悪の組織」 後半

 [FinalFantasy XIV 二次創作小説] もうひとつの世界征服日記

  << 「駆け出し商人と悪の組織」 前半 の記事はこちら >>




 「ラッコラッコ!! o(’(ェ)’〃)o  なかなか美味しそうな食べ物が手に入ったラッコ(〃’(ェ)’)b」

 そんな俺の優雅で安らかなひとときは、再び現れた怪人物の声によって跡形も無く粉砕され、強引にコメディの様な世界へと引きずり戻される。

 「実は、そこの噴水で釣ったばかりの新鮮な魚を、その場で丸ごと蒸し焼きにしてくれる面白い出店があったラッコよ((*’(ェ)’)o」

 中央広場の噴水で釣った魚を・・・? あの噴水の水は、確かザナラーンの地中深くを流れる地下水脈を汲み上げた、街の上水道を兼ねた物だという話を聞いたことがある。 ウルダハ王家が直々に管理をする施設でもある ”ゴールドコート” に、釣って食用にできるほどたくさんの魚がいるとは、一体どういうことなのだろう? 

 「いらっしゃいませ、怪人さん。 さっきからこちらの方がお待ちかねよ。」

 「戦闘員No.2、お待たせしてしまって大変申し訳無い、仕事の話は後回しラッコ(;’(ェ)’)o  とりあえず、焼き立てでアツアツのうちに、モモディ諜報員も一緒にこれをいただくラッコo(’(ェ)’〃)o」

 まさに、ドーンという効果音が相応しく感じるほどのボリュームとはこのことではないだろうか。 大きな平皿の上に積み上げられた蒸し焼きの魚たちは、香ばしい湯気を辺り一帯に漂わせ、今にもその皿の上からこぼれ落ちそうな勢いだ。




 「なるほど、こりゃ確かに美味そうだ。」

 ついさっきまで心の中で渦を巻いていたちっぽけな疑問は、あっという間にどこかへと消え失せ、その代わりとでも言わんばかりに今度は食欲が襲ってくる。 今日はまだ昼食をとっていないこともあり、俺の腹時計もそろそろ我慢の限界の様だ。 ここは遠慮せずにいただくとしよう。

 「それじゃ、いただきます。」

 まずは、モモディさんが小皿に取り分けてくれた一匹目を手掴みで頬張ってみる。 む・・・、上品な歯ごたえの白身魚が何とも言えず美味い。 鋭い歯が特徴的なこの魚は、・・・ピピラか? 周辺を厳しい砂漠環境に囲まれたウルダハでは、こういった新鮮な食材にお目にかかれることはまず無いと言っても良い。 これは間違いなく贅沢品の類だろう。

 「このザリガニ、身がプリプリしてて、最高に美味いラッコo(’(ェ)’〃)o」

 隣の席で、悪の怪人が赤く茹で上がった尻尾を口一杯に頬張ったまま、これ以上無い程の満面の笑みを浮かべている。

 ・・・それにしても、本当に美味しそうに食べるよな、この人は。

 こうしてそばで見ている限りでは、到底、世界征服の野望を掲げるような大それた人物には見えないのだが。 どちらかと言うと、俺の目にはまだ幼く無邪気な子供の様にも見える。

 逃げも隠れもせず、正面から正々堂々と悪の道を突き進む組織か・・・。 何となく、何となくだが、俺はこの時確かに、この奇妙奇天烈な雇い主の放つ不思議な魅力みたいなものに興味を持ち始めていた。

 ”悪の組織ジョッカー” とやらが、如何にしてこの広大なエオルゼアの地を征服してくれるのか、想像力乏しい今の俺には皆目見当もつかないが、もしも、仮にその瞬間に立ち会えるのなら、是非ともそれをこの目で見届けてみたい。

 「戦闘員No.2、どうしたラッコ?((*’(ェ)’)o  早く食べないと、アツアツのお魚たちが、冷めて明日のお弁当用になってしまうラッコよ(;’(ェ)’)o」

 そんな俺の視線に気がついたのか、雇い主が気恥ずかしげに次の魚を薦めてくる。 ここはとりあえず、今後、俺の悩みの種になりそうな懸案事項を一つ、今のうちに取り除いておくとするか。

 「ところで、ラッコ男さん、その ”戦闘員No.2” ってやつなんですが・・・。」

 「 ”戦闘員No.2” は貴兄が悪の組織の一員として行動する上で必要になるコードネームラッコ(〃’(ェ)’)b

 我ら悪の組織には、いつの時代も敵となる勢力が必ず存在するし、世界征服任務を行う上で、身内に危険が及ぶような事態も十分考えられるラッコo(’(ェ)’o)-8  自らのプライバシーを守るという意味でも、悪の組織メンバーにとって、コードネームの使用は絶対に必要不可欠なモノラッコよ(o’(ェ)’)○」


 うーむ・・・。 一応話の筋は通っているし、言っていることもほぼ理解できる。 だがしかし、この先、自分がそんな名前を名乗ることになるのかと思うと、何というか、こう、納得がいかない。

 「ほら、彼はまだ駆け出しの新人さんでしょう? 商人として、これからたくさんの人とお付き合いをする上で、もう少し覚えやすい名前が必要じゃないかしら?」

 俺が言いたいことを上手く言葉にできずにいると、そんな様子を観かねたモモディさんが、横から的確に助け舟を出してくれた。

 「確かに、モモディ諜報員の言うことも一理あるラッコねo(’(ェ)’o)-8  ラッコとしたことが、貴兄に対する配慮が足りなかった様ラッコ、申し訳無いラッコ(;’(ェ)’)o」

 配慮が足りなかったというのなら、リテイナーの雇用契約書に米粒程の小さな文字で、あの一文を書き加えた時点で、すでに十二分に足りていなかった気もするが。

 「それじゃこうするラッコ(o’(ェ)’)○   ”戦闘員No.2” の他にもう一つ、”シーオッター” というコードネームの使用許可を与えるラッコ(〃’(ェ)’)b」

  ”シーオッター” は ”ラッコ” という動物を意味する単語か。 ふむ、それなら特に問題は無いかもしれない。 しかし、なぜ俺までラッコに・・・。

 「あら、まぁ! 可愛い名前じゃない。 良かったわね。」

 モモディさんは嬉しそうに声を上げ、こっそりと俺の方に目配せをしている。  ・・・まあ ”戦闘員No.2” と名乗ることになるよりは、ある程度マシか。 これで俺の人生が終わってしまう訳でもあるまい。 ここは一つ泥舟に乗ったつもりで、成り行きに身を任せてみるのも悪くは無いかもしれない。

 「ああ、ありがとう。 ラッコ男さんも、モモディさんも、以後よろしくお願いします。」

 「シーオッター戦闘員、ラッコたちは、もうすでに怪人と戦闘員、言うなれば上官と部下の関係になったラッコよ((*’(ェ)’)o  今日からラッコのことは、是非とも ”ラッコ隊長” と呼んでいただきたいラッコo(’(ェ)’〃)o」

 「わたしのこともモモディでいいわ。 よろしくね、シーオッターさん。」

 こういった雰囲気は、どうにも照れくさくて未だに慣れない。 俺は嬉しさ半分、気恥ずかしさ半分で、カップに残っていたザナラーン茶に手を伸ばす。 さっき淹れてもらったばかりの時には、まだ熱くてカップに軽く口をつけただけだったが、多少時間がたった今では、温度の方もすっかり丁度良い頃合になっていた。




 もうひとつの世界征服日記 / 「駆け出し商人と悪の組織」  完



スポンサーサイト
Home | Category : FFXIV 世界征服小説 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 第二弾!まってました~><ノシ

    ラッコさん・・・ちょこんと座って魚をほお張っている姿が可愛すぎマス>ω<

    いよいよお目見え、主人公さん(戦闘員2号さん)
    勇ましい体躯のルガディンさんですね~、褐色肌にターバンが良くお似合いデス(・ω・)b
    ロブスター(ザリガニ?)おいしそう・・・カラごとバリバリ~!っと豪快にいきたいですねw

    魚料理、美味しいですよね~!私も最近(リアルで)よく食べてます。
    タラにメヒカリ、トビウオに鮭・・・今日はブリのステーキにしよう。

    次回作も楽しみにしてま~す!!

  • ラッコラッコ(〃’(ェ)’)b

    >フィー戦闘員
    ラッコにも新鮮なお魚を産地直送で送って欲しいラッコo(’(ェ)’〃)o
    ウニやアワビも大歓迎ラッコ(〃’(ェ)’)b

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。